seriousness

日記や玩具のレビュー等書いています。

2013年12月

20131231 2013年を振り返って

今年も早いもので大晦日に。
個人的にも色々あった2013年を公私ともども振り返ってみたいなと思います。

やはり一番大きな出来事は1月に復職を果たせたことです。
約2年に渡る休職でしたが2度目のリワークを経てようやく復帰ができました。
昨年(2012年)春に中断した際はもうダメかとも思いましたが・・・。

その後しばらくは時短勤務で5月まで順調に勤務することができフルタイムへ移行。
ここまでこわいくらいに順調にいってましたが、そう長くは続きませんでした・・・。

7月1日付で仮配属を解除し正式な復職という予定を目前に6月下旬に再発し体調悪化。
復職予定も延期となってしまいました。

この直前飲み会に参加してお酒を少量とはいえ飲んでしまったのが仇となったのかも・・・。


この後から精神面が不安定になり夏はそれでもそれなりの状態で過ごすことができましたが秋になって更に悪化。
欠勤こそ7月、10月に1回ずつでまだ2回しかしていませんが、抑うつ症状が酷くて
健康相談室で1時間ほど休むことがしばしば起こるようになりました。

現在薬を増やして症状の改善に努めていますが、主治医がまたも体調不良で休診が続く事態に・・・。
(昨年リワーク中断した後といい自分が調子崩すと主治医も体調崩すみたいで・・・)


このまま体調不良の状態が続くと正社員の立場を失いかねない(嘱託社員やスタッフとしての契約になるかも)
という状態ですが、回復の見込みがいまだ不透明・・・・。



------------------------------------------------------------------------------------


私的な部分では復職により給料も貰えるようになって玩具の購入量が増えたのが大きいところでしょうか。

特に毎月のようにご紹介しているバンダイコレクターズ事業部の商品はホントに増えました・・・。
その中でも特筆すべきなのがメタルビルドシリーズ。3月にエクシアを買ってメタルビルドの魅力にハマってしまい
8月のダブルオーライザー、9月のエクシアリペア、そして先日ご紹介したデスティニーとラインナップをほぼ全て購入。
魂ネイション限定のトランザムエクシアは会場では買えませんでしたが受注生産となったのでこれも予約。

DSCN3662.jpg
エクシアリペアは台座で飾る余裕がありません・・・。

DSCN3663.jpg
こっちの方はエクシアよりAGPシャルの方が置き場所占有してますが・・・。


その他ロボ魂やSHFプリキュア系、D-Artsポケモンシリーズ等々部屋のフィギュアが殆ど
コレクターズ事業部アイテムに侵食されてる感が・・・。

来年は少し自重したい・・・と思うものの結局物欲に負けて買ってしまう流れになるとは思います(汗)。
(1月の時点でロボ魂Hi-ν、バーザム、Gファルコン、SHFキュアビューティ、figmaレーシングミクと
色々押し寄せてくる!)



何にせよいよいよ2014年。
心機一転・・・とはいきませんが体調の回復・安定化を第一に頑張ることができればいいなと思います。

今年一年このような低クオリティのブログにお付き合い頂きありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

20131230 購入物

FW GUNDAM CONVERGE13弾を購入。

Sガンダムとゼク・アイン。

昨日からツイッターで購入報告を見かけたのでコンビニ巡りをしてました。
昨日は置かれてませんでしたが今日ローソンで発見。
Sガンダム、ゼク・アイン、ジムⅢが2個ずつ置かれてました。

DSCN3656.jpg

DSCN3657.jpg
どちらも良い出来。

次の14弾はダブルオークアンタやバーザムがラインナップされるということでこちらも注目。
自分はおそらくこの2つしか買わないと思いますが、クアンタはかなりの人気が出そう・・・。

DSCN3659.jpg
最近何かと商品展開が充実してきたセンチネル系。
来月発売のEXVSFBには初回特典としてEx-Sガンダムが使えるプロダクトコード(パイロット無しなのが非常に惜しい・・・)、
3月にはSTANDartでEx-Sガンダムとこれからも出る予定が続々(Ex-Sだけですが・・・)。

できればゼク・ツヴァイの立体化もお願いします・・・!

20131229 METAL BUILD デスティニーガンダム レビュー【20140112再加筆】

METAL BUILD デスティニーガンダムのご紹介。

パッケージ。
DSCN3564.jpg

DSCN3565.jpg

内容。
DSCN3567.jpg
デスティニーガンダム本体、高エネルギービームライフル、アンチビームシールド、高エネルギー長射程ビーム砲、
アロンダイトビームソード、専用台座、支柱。

DSCN3566.jpg
バックパック、フラッシュエッジ2ビームブーメラン、ソリドゥス・フルゴールビームシールド、サイドアーマー、
ビームエフェクトパーツ(長・短)、アロンダイトビームソード専用ビームエフェクトパーツ、交換用手首、
スタンド用ジョイントA・B。

開封直後のデスティニー本体。
DSCN3569.jpg
上記の通り肩のフラッシュエッジ2ビームブーメランと腰部のサイドアーマーは別に梱包されてます。

バックパックの初期状態。
DSCN3572.jpg
小翼には色移り防止用のテープが貼られてました。

腰部サイドアーマーの初期状態。
DSCN3568.jpg
ボールジョイントの下には位置合わせ用の凸部があります。

サイドアーマー、ブーメラン、バックパックを取り付けた状態の全身。
DSCN3578.jpg

DSCN3575.jpg

DSCN3577.jpg

DSCN3576.jpg

頭部周辺のアップ。
DSCN3640.jpg
頭部は前後の幅が大きめで顔は小さめになってます。
左肩にはFAITHのエンブレムが。
写真だとわかりづらいですが白い部分は暗めの色、ほぼグレーといった色合いになってます。

頭部の可動。
DSCN3638.jpg
エクシアのように前面にせり出すことができます。

DSCN3637.jpg

左右に傾けると連動して襟部分も動きます。
DSCN3639.jpg

腹部の可動。
DSCN3623.jpg

DSCN3622.jpg
上下の可動域は上の通り。コックピットハッチ部分が可動に連動して動きます。

肩・腕の可動。
DSCN3626.jpg

DSCN3627.jpg

DSCN3628.jpg
肩アーマーはこのように展開します。

腕の前面への引き出しはこのくらい可能。
DSCN3629.jpg

前腕部はロール可動します。
DSCN3631.jpg

DSCN3632.jpg

また手首手前でも可動します。
DSCN3633.jpg

DSCN3634.jpg
これによってパルマフィオキーナ時等の手を突き出すポーズもしっかり決められます。

肩のフラッシュエッジ2は上下に可動。
DSCN3759.jpg

DSCN3760.jpg


頭部、腕部は接続がガンプラのようにボールジョイントや通常の凹凸型になっているので割と簡単に取り外し可能。
DSCN3752.jpg

腰部フロントアーマーの可動。
DSCN3641.jpg

DSCN3642.jpg
中央寄りのグレーの部分と白い部分が別々に可動します。
もちろん前面への展開も可能。

膝の可動。
DSCN3570.jpg

ほぼ180°曲がります。
DSCN3571.jpg
膝アーマーとふくらはぎのフィンユニットが連動して動きます。

デスティニーの肝ともいえるウイング。
DSCN3594.jpg
主翼部分(黒い箇所の下)の塗装は光のあたり具合によって赤みが変わって見える豪華な仕上がり。
ダブルオーやエクシアのトランザムVerと同様の塗装らしいです。

各部にマーキングが施されています.
DSCN3755.jpg

DSCN3757.jpg

展開した状態。
DSCN3595.jpg
主翼を持ち上げることに寄って主翼上部(黒い箇所)と内部の小翼が連動して展開します。

ウイング基部。
DSCN3596.jpg

展開するとこのように。
DSCN3598.jpg
この状態にするとロックがかかるのでヘタることもありません。

バックパックとの接続部分は水平・垂直方向それぞれにロール可動します。
DSCN3599.jpg

中央のスラスターは上下に可動。
DSCN3754.jpg

DSCN3753.jpg

高エネルギービームライフル。
DSCN3617.jpg
フォアグリップとスコープが可動します。両手持ちも可能。

腰部後ろに収納できます。
DSCN3618.jpg
保持が若干甘めかつウイングと干渉しがちでちょっと外れやすいです。

アロンダイトビームソード。
DSCN3591.jpg
片手での保持はメタルビルドといえどもちょっと厳しかったです。
レビュー作成後動かしてみたところそうでもなかったです。
無理に掲げようとするとちょっとヘタってしまう程度かなと思います。


刃が連動して展開します。
DSCN3643.jpg

DSCN3645.jpg

中央辺りに折りたたみ時用のガイドがあります(写真下)。
DSCN3646.jpg
上のスイッチをスライドすることで収納できます。

エフェクトパーツを付けた状態。
DSCN3648.jpg

持たせる際は柄を下のように展開します。
DSCN3647.jpg


高エネルギー長射程ビーム砲。
DSCN3581.jpg

砲身前部と
DSCN3582.jpg

後部が展開するギミックがあります。
DSCN3583.jpg
個体差かと思いますが前部の上部分の展開がちょっとキツメでした。

フラッシュエッジ2ビームブーメラン。
DSCN3609.jpg
エフェクトパーツはブーメラン時の短いものと

ビームサーベル時の長いものがそれぞれ2つ付属。
DSCN3608.jpg

持たせる際は下のように分割して細い方を持たせます。
DSCN3613.jpg

アンチビームシールド。
DSCN3592.jpg

差し替えで展開状態にできます。
DSCN3593.jpg

ソリドゥス・フルゴールビームシールド。
DSCN3621.jpg
2枚付属。手甲と一体化してます。

交換用手首パーツ一式。
DSCN3620.jpg
手首の凸部は棒状になってます。
個体差かどうかは不明ですが通常の武器保持用持ち手と角度のついた持ち手が差し込みづらいのが欠点。
その他の手首パーツはすんなり差し込めるんですが・・・。

台座。
DSCN3653.jpg
構造自体はこれまでのメタルビルドと同じ。

スタンド用ジョイント。
DSCN3611.jpg
背中に接続するタイプ。

もう1種はダブルオーと同様お尻に接続するタイプ。
DSCN3612.jpg


ポージング。

DSCN3579.jpg

DSCN3586.jpg

DSCN3600.jpg
デスティニーの武器といえばアロンダイトと長射程ビーム砲に目がいきがちですが
ライフルも大きめに造形されててカッコよく決まります。

DSCN3614.jpg

DSCN3584.jpg

DSCN3607.jpg

DSCN3610.jpg

DSCN3585.jpg

DSCN3589.jpg

DSCN3590.jpg

DSCN3649.jpg
一番とらせたかったポーズ。手首がゆるゆるで触るとすぐに外れてしまいますが・・・。

DSCN3750aa.jpg
ダブルビームシールド。劇中ではやってないと思いますが。

DSCN3751.jpg

DSCN3758.jpg

待ちに待ったMBデスティニー。
大胆なアレンジは好みの分かれるところかと思いますが個人的には大好きです。

可動域も非常に広いもののその分繊細な作りになっているので破損が恐くて動かすのに気を遣います・・・。
とても良い出来ではありますが、それだけに手首パーツの一部が非常に差し込みづらいのが惜しいところ。

20131228 もう我慢できない!

昨日が仕事納めでした。
1月にようやく復職して色々あった1年でした。(振り返りについてはまた後日)

あみあみからはやくMBデスティニー(とアゾンの衣装)が発送されないかな―と思ってたら
お知らせで28日以降入荷した商品を含む注文は年明けの出荷になるとのこと。

デスティニーの入荷通知メールは昨日きてたのですが衣装はまだでしたので、
このままだと発送は年明けという悪夢・・・。
待ちきれずに年内中に出荷可能ならデスティニーだけ発送してください!と昨晩メールしたんですが反応なし・・・。







「あんたが悪いんだ・・・あんたが発送しないからーーーっ!!!」

ということで実店舗(ジョーシン)で購入してしまいました。ラス1だったので危ないところだった・・・。

DSCN3579.jpg

DSCN3580.jpg

DSCN3586.jpg

期待した通りのずば抜けたかっこよさ!

ただ脚の可動はいまいちだったりはめにくい手首パーツがある等不満点も散見されました。
詳細はこちらも後日レビューにて。


2個目どうしようかは思案中・・・。
アロンダイトやビーム砲2個装備できるかが気になったところですが両端の武器ラックは微妙に形状が違うようで
無理っぽいので、恐らくどこかで売りに出すかも。

20131227 figma 岡部倫太郎 レビュー

figma 岡部倫太郎のご紹介。

パッケージ。
DSCN3527.jpg

DSCN3528.jpg

内容。
DSCN3529.jpg
本体、交換用手首パーツ、交換用表情パーツ、携帯電話、ビット粒子砲、だーりんのばかぁ、
交換用ポケット突っ込みパーツ、革靴、台座一式、収納袋。


全身。
DSCN3530.jpg

DSCN3531.jpg

DSCN3532.jpg

顔周辺のアップ。
DSCN3541.jpg
顔はhuke氏キャラデザ独特の目や無精髭がしっかり再現されてます。

胸ポケットにはペン。
DSCN3542.jpg

可動範囲について。
DSCN3556.jpg
腕部は白衣を着込んでいる関係上ノースリーブのキャラと比べるとちょっと劣るかも。

脚はいつも通りといった感じ。
DSCN3558.jpg
ちなみに腰から垂れているベルトは軟質。

白衣の後部はfigmaジョイントが仕込まれており風にたなびく様子を再現できます。
DSCN3557.jpg

表情パーツ各種。デフォルトの通常顔。
DSCN3543.jpg

高笑い顔。
DSCN3550.jpg
ちなみに今回はパッケに「~顔」という記述がなかったため独自の呼称です。

驚き顔。
DSCN3551.jpg

交換用手首パーツ一式。
DSCN3552.jpg
指差し手首は左用のみ。

交換用前腕部を使ってポケットに手を突っ込んだ状態を再現できます。
DSCN3538.jpg

ポケットの開孔部は小さめ。薄いものなら他のfigmaの小物を入れたりできるかも。
DSCN3560.jpg

開封時の足はスリッパを履いている状態。
DSCN3533.jpg
このスリッパが外れやすくてイライラ・・・。

スリッパを脱ぐと裸足。
DSCN3534.jpg

革靴に交換可能。
DSCN3563.jpg

携帯電話。
DSCN3544.jpg
手首と一体化しています。

腕の可動範囲の関係で電話しているポーズがとれないのが致命的な欠点かも。
(ここまでしか曲がりません)
DSCN3545.jpg

ビット粒子砲。
DSCN3553.jpg
専用の手首を使って持たせます。

「だーりんのばかぁ」。
DSCN3554.jpg
名前だけ聞くとなんのこっちゃで、自分もアニメしか知らないにわかなのでググったら
未来ガジェット12号機だそうです。

勿論手首に取付可能。
DSCN3555.jpg


ポージング。

DSCN3535.jpg
フゥーハハハ!!!という高笑いが聞こえてきそう。

DSCN3540.jpg

DSCN3536.jpg

DSCN3539.jpg

助手と口論してるイメージで。
DSCN3548.jpg

DSCN3537.jpg
中二病なポーズがホント似合う・・・。特にこの表情を使ってるとノリノリな感じが伝わってきます。

DSCN3549.jpg

DSCN3547.jpg

Gを発見したオカリン。
DSCN3546.jpg

DSCN3562.jpg
中二病チック+中の人繋がりで・・・。

DSCN3561.jpg
最後にいつぞやくじで当てたビックうーぱぬいぐるみと。


満を持して発売の主人公オカリン。
付属品もそこそこ豊富でシュタゲを深く知らなくても遊べるアイテムかと思います。

ただスリッパの外れやすさと携帯電話で話すポーズが出来ない点は残念でした。
特に後者は劇中でもよく見るシーンなだけに再現できるようにして欲しかったところです。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※上記のアクセスカウンターの累計数は旧ブログでの数を引き継いで表示しています。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ