seriousness

日記や玩具のレビュー等書いています。

2014年06月

20140630(3) S.H.Figuarts キュアマーチ レビュー【0704追記】

S.H.Figuarts キュアマーチのご紹介。

パッケージ。
DSCN6138.jpg

DSCN6139.jpg

内容。
bf848b5e.jpg

本体、交換用手首パーツ、交換用表情パーツ、固定首ジョイントパーツ、スタンド。

開封時の本体、後頭部とポニーテールの間にブリスターが。
DSCN6141.jpg
おそらくポニーテール固定用かと思います。

全身。
DSCN6155.jpg

DSCN6156.jpg

DSCN6157.jpg

腕。
DSCN6164.jpg

脚。
0fc8c718.jpg


手足ともハッピー以降の2人と同様の可動範囲。
ビューティのように袖のパーツがないのでハッピーと同じように腕を高くあげられます。

前髪のダボ。
1760e5d6.jpg

ちなみに羽飾りは接着されています。

サイドの髪はボールジョイントで可動。
98beaf95.jpg


90410999.jpg


今回一番厄介なのがポニーテール。
a6cee512.jpg

根元はおそらくボールジョイントで可動しています。

問題はポニーテール自体が非常に重くこれの重さで首が傾いてしまうところ。
13d32540.jpg


またパーツの継ぎ目がクッキリ見えてしまっているのも残念なところ。
DSCN6173.jpg

そこで役に立つのが首固定ジョイントパーツ。
c43f8273.jpg

これを利用することで後ろへ傾くのをある程度防げます。
あくまでもある程度なのでどうしても顎をひきたいという場合はポニーテールを
他のスタンドで支えたほうがいいかと思います。


ハッピー、ビューティ同様肩のヒラヒラは前後に可動。
fc149e3a.jpg


ffc4e65e.jpg


表情パーツ。デフォルトの笑顔。
91d0f40b.jpg


通常顔。
31d45abb.jpg


叫び顔。
b7301b02.jpg


絶叫?顔。
68850b07.jpg

恐らく23話でマジョリーナとの戦闘時マーチシュートを連発した時のものかと思います。
映像では首を反らしていて表情を伺えなかったのですが・・・。

各表情ともアイプリントは綺麗。おそらくこれまでの4人の中で最も再現度が高いのではないかと思います。


交換用手首パーツ。
DSCN6174.jpg

左の平手は同じもののように見えますが若干違います・・・。
6719e3c8.jpg


c887ac1a.jpg


スタンド。

DSCN6153.jpg



・ポージング

fa1013c6.jpg

「勇気リンリン!」

9b77a384.jpg

「直球勝負!」

f1b16601.jpg

「キュアマーチ!!」

DSCN6168.jpg

aaa6fbc6.jpg


OPの壁走り。
0a07b7b9.jpg


「プリキュア・マーチシュートォ!」
DSCN6215.jpg
スカートは一応軟質素材ですが硬めなので足があげづらいのが、シュートが決め技のマーチには致命的・・・。

マーチシュート乱れ打ちのシーン。
DSCN6210.jpg


絶叫顔はダメージ受けた時の表情にも使えます。
7f6e39d1.jpg


DSCN6182.jpg
W杯で日本代表敗退+天候不良で自分もサッカーできず「やつあたり」・・・。


虫嫌いということで最近発売されたガチャのサソリ(デスストーカー)を・・・。
8f5875c6.jpg

サソリともなると虫嫌いでなくともビビると思いますが・・・。

虫ポケモンも大集合!
7139e413.jpg


全員集合まであと1人・・・!
0fb0e9af.jpg



商品化決定の報はハッピーの説明書でしたがそれから予約開始まで随分待たされたマーチ。

出来はこれまで同様高い完成度かと思います。
特にアイプリントは本編そのままの凛々しさを再現した素晴らしい仕上がり。

ただポニーテールの重さで首が傾いてしまう点だけが残念でした。

いよいよ9月のサニーで揃うスマイルプリキュア。待ち遠しい!

20140630(2) HGUCネオ・ジオング製作日記その2

今朝の記事の続き。


今日はまず大型ファンネル・ビット(指)の可動化を行いました。

使用したのは関節技ボールジョイントの中サイズとピンバイス。ドリル穴は3mm。
DSCN6191.jpg

こちらがボールジョイントをつなげた状態。
5af81686.jpg


ファンネル・ビット基部にボールジョイントの受け部分がぴったり嵌まりました。
f8a0e99e.jpg


指の付け根にあたる部分にピンバイスで3mm穴を空けます。
4f5c9281.jpg


これを差し込み
df5648f1.jpg


指に当たるパーツをつなげて完成。
20df5347.jpg


こちらが全部可動化した状態。
DSCN6198.jpg
ある程度の表情付けが可能になりました。
ただボールジョイントの受け部分を接着していないためかちょくちょく外れてしまいがちでした。
部分的に接着してどちらがいいか判断したいなと思っています。

またクリアイエローのランナーを利用してビームを再現してみました。
9c539c4c.jpg

シルヴァ・バレトのビームサーベルのランナーを利用しましたがユニバースブースター
プラフスキーパワーゲートのランナーもとっておけばよかった・・・。


本体の方ですがお昼ごろの時点でここまでできました。
a3401b32.jpg


午後からついに下半身の製作にとりかかりました。
5edb9ebb.jpg

上半身の方が全て完成したわけではないんですが・・・。

リアスカートのパーツ。
7f85d365.jpg

これに限ったことではありませんが大きいパーツは嵌め込みしづらくこれもかなり苦戦しました。

リアスカートを付けた状態の側面。
DSCN6212.jpg


乗り物っぽくなってきたので・・・。
17e89fd6.jpg

20140630 HGUCネオ・ジオング製作日記その1

HGUCネオ・ジオングの製作。
完成した状態だけでなく組立工程に関しても気になるという方もいるかと思いますので
逐次ご紹介していきたいと思います。

とりあえずランナーの山は完成したものを置く予定の場所に積みました・・・。
DSCN6150.jpg

肉抜き穴の中にランナーのアルファベットが・・・。
7179aff9.jpg


昨晩の就寝前でここまでできました。
2d7eebdd.jpg

上半身のフレームと腕部。腕部の白い部分は筆塗りで塗装してからにしようと思っています。
隣のビルドストライクは大きさ比較用。上半身だけですでに2倍近く・・・。



その後寝付けなかったのでもう少し進めました。
15995f79.jpg

肩?部分の外装とサイコシャード発生器部分を組み立て。

肩外装はまだスプレー塗装してなかったのですがしてもしなくてもほぼ変わらなかったので
そのままでいいと判断し組み立てに。
ただ凸部を少し切り取って外しやすくし、後からでも塗装できるようには施しました。

サイコシャード部分の赤いパーツはかなり大きく取り付けに一苦労。
間に取り付けるパーツがうまく嵌っていないのか赤いパーツの間に隙間ができてしまいました・・・。

説明書の工程はなんと155まで・・・!
DSCN6151.jpg
順番通りにはやってませんけどまだまだ2~3割程度?だと思うので根気よく作り続けていきたいと思います!

20140629(2) 箱の封印が解かれる・・・

ついにHGUCネオ・ジオングが届きました。
65160122.jpg


でかい!でかすぎる・・・!

玄関から2階の自室まで運ぶのにも一苦労。階段で転びそうになりました・・・。


DDS蘭子と大きさの比較。
5b40d586.jpg

DDSが50cm強のサイズなので縦は大体40cmちょっとというところ?

横にして。
DSCN6132.jpg
よっかかれるほどの大きさ・・・。80cm超はあるみたいですが完成した状態でもこれくらいかと思うと・・・。

開封。
cf2fbf75.jpg


とんでもない量のランナーの山・・・!
1bd1547c.jpg


開封の時点で変な笑いが出てきました・・・。これはヤバイ・・・!
昼食等を挟んで心を落ち着けた後に製作開始。

「魚雷?」
DSCN6146.jpg
シュツルム・ブースター。下部のパーツはまだ付けていませんがとりあえず一番でかいパーツを取り付け。

サイコシャード発生器の赤い部分。
DSCN6147.jpg
ランナーはなくそのままビニール袋に入っていました。

これだけで35cmほど・・・!
1a8c7f69.jpg



これらを中心とした大きめの赤いランナーを昨日購入したスプレー(Mr.カラースプレーのあずき色)で
天気のいい内に塗装しました。
先日はじめてサーフェイサーを吹いた時は苦戦しましたが慣れてくるとコツを掴んで手際よく吹けました。

ただまだまだ一歩を踏み出した段階なので逐一ブログでも製作についてご紹介しつつ
満足のいく一品に仕上げたいなと思います。


あとネオ・ジオング開封中にSHFキュアマーチも到着。
DSCN6138.jpg

基本的にはハッピー等と同様の構造。ただポニーテールが非常に重く
首のジョイントが後ろに傾きがちでした。
首固定ジョイントを使うと少し緩和できるっぽいです。

DSCN6144.jpg
お昼ごろはネオ・ジオングにつきっきりでしたので虫等でビビらせて遊んでました・・・。



HGUC 1/144 NZ-999 ネオ・ジオング (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 NZ-999 ネオ・ジオング (機動戦士ガンダムUC)
(2014/06/28)
バンダイ

商品詳細を見る

20140629 HGUC シルヴァ・バレト レビュー

HGUC シルヴァ・バレトのご紹介。
今回はガンダムUC ep7登場時の仕様で塗装したものをご紹介します。

パッケージ。
9176dd8e.jpg


ランナーは今回撮影し忘れました・・。

シール。
d872400e.jpg


白と緑の箇所は全てシール。
今回はep7登場時のカラーリングにしたかったので関節部やバーニアまわり以外はほぼ全て塗装しました。


・本体について

全身。
DSCN5983.jpg

DSCN5984.jpg

DSCN5985.jpg

上半身アップ。
bf813972.jpg

水性ホビーカラーの明灰白色(2)とネイビーブルーで塗装。

今回塗装と改修で最も力を入れたのが頭部。
ed65817f.jpg

各部の塗装のほかアンテナ中央部の六角形の箇所や顎上部の形状等をデザインナイフで削って
出来る限り再現しようと試みました。

afbcaeed.jpg

その他の部分の形状も映像だとかなり違ったりしてますが、それら全てを改造する技量は
さすがに自分にはないので妥協。

腕部の可動。
6b2a4859.jpg

肘は90度ほど。

肩は前後へはあまり動かせません。
92126f3b.jpg


手首パーツは握り手の他、平手とライフル用持ち手が付属。
6c1f91ec.jpg

平手は若干角度が付いています。

脚部。
00131614.jpg

腿ロール可動。膝は90度ほど。

ふくらはぎのスラスターが可動。
888c1b58.jpg


バックパックのスラスターも同様に可動。
416d0eeb.jpg




・武装

ビームライフル。
17450b82.jpg

ジェガンのものと同じ?

シールド。
DSCN5958.jpg

砲身が伸縮。砲口部上下のカバーが開閉。
b947634f.jpg


接続軸が小さくシールド自体が重いのでちょっと外れやすいかも。
DSCN5960.jpg

ビームサーベル。
e4773e63.jpg

柄・ビーム刃ともに2本付属。
ビーム刃のランナーの色はクリアイエローですが劇中に合わせてクリアブルーで塗装・・・したつもりですが
クリアイエローと混じって緑っぽくなってしまったので後で塗料を削って落としサーフェイサー吹いて再塗装するかも。

有線式ハンド。
b6d450dd.jpg

上腕部と前腕部の間に専用のパーツとリード線でつなぎます。間にスタンドを交えてディスプレイ可能。

またオリジナルギミックで隠し腕も。
c785a5db.jpg

ドーベンウルフの余剰パーツをそのまま利用したギミック。

前腕部へ無線式ハンドとして先ほどのスタンドを用いて飾れます。
7c10fe12.jpg



インコム。
80b4bb7d.jpg

バックパック後部から引き出します。取り外し可能。


インコムもリード線を用いて射出状態を再現可能。
36890501.jpg

ただリード線が柔らかいため劇中のようにカクカクした軌道まで再現するのは難しいです・・・。

バックパックを前面に動かしてミサイルランチャーとインコムを展開。
DSCN5961.jpg
ちなみに緑の部分はビームキャノンの砲口。

対艦ミサイル。
765a97a5.jpg

本編では装備していなかった武装。取付パーツを介して装着します。


ちなみに外伝でのシルヴァ・バレトはジム型頭部の機体もあり選択式でそちらも再現可能。
f072f61d.jpg


こちらが外伝でのシルヴァ・バレト。
DSCN5972.jpg
ユニコーンガンダムとの模擬戦で登場。

DSCN5973.jpg

本来のシルヴァ・バレトのカラーと比較。
DSCN6008.jpg
成型色は白、グレー部分ともに薄めの色。


先祖ともいえる機体のMk-Ⅴと。
47f56bc2.jpg

下半身はほぼそのままといった感じ。

・ポージング

DSCN6004.jpg

DSCN6000.jpg

854abb54.jpg


2ae908e6.jpg


18fcbda2.jpg


DSCN5997.jpg

7250e612.jpg


以下はep7再現。



クライマックスにかけて胸の熱くなる大好きなシーンなので音楽ものせて・・・。


「押し通る!!」
7f7ea47e.jpg


1c1a15cd.jpg


「貴方のお父上には夢があった。箱が開かれた未来で新たな世界を築くという夢が」
6400ad06.jpg


「ここまで来たのは貴方自身の意志だ。呪縛などではない・・・!」
e24fd3c2.jpg

「迷わず進みなさい。あなたは・・・お父上の・・・」





「ユニコォォォーーーーンッ!!!!」

46124a34.jpg




d9e4d3e1.jpg

「ご、御当主・・・」


外伝登場時はあまり目立たなかったシルヴァ・バレトですがep7での捨て身の活躍で一躍人気に。
自分も勢いにのってプラモ買おうと思ったものの外伝版とあまりにも色・形状が違うので迷いましたが
一念発起してできる限り近いカラーリングで仕上げることができました。
初めてほぼ全塗装に挑戦したキットということで思い出深いものになりそうです。

製品自体は武装が豊富に付属し可動も最低限の範囲はあるので良いキットだと思います。
今後プレバンでep7版のキットが出たりして・・・。
(ロボ魂はプレバン12月発売で決定しましたが)



HGUC 1/144 ARX-014 シルヴァ・バレト (機動戦士ガンダムUC MSV)HGUC 1/144 ARX-014 シルヴァ・バレト (機動戦士ガンダムUC MSV)
(2014/02/01)
バンダイ

商品詳細を見る

livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※上記のアクセスカウンターの累計数は旧ブログでの数を引き継いで表示しています。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ