seriousness

日記や玩具のレビュー等書いています。

2014年12月

20141230 METAL BUILD ガンダムアヴァランチエクシア(ウェポンプラスパック) レビュー【20150110追記】

METAL BUILD ガンダムアヴァランチエクシア(ウェポンプラスパック)のご紹介。

※2015/01/10 GNシールドについて追記しました。

パッケージ。
DSCN8342.jpg DSCN8343.jpg
ウェポンプラスパック版特別仕様になっています。


内容。
DSCN8344.jpg

付属内容については説明書の写真で。
f2b17968.jpg


DSCN8387.jpg DSCN8388.jpg

c66ebcc3.jpg


ウェポンプラスパックの追加アイテム。
6167db8c.jpg


GNソード等の主要武装を外した状態での全身。
DSCN8392.jpg DSCN8377.jpg

DSCN8376.jpg

バストアップ。
38bb5065.jpg

追加装甲のアヴァランチユニットによってマッシヴなスタイルになりました。


装備の取り付けについて。
bd4ebf5c.jpg

リアアーマーは通常の場合GNビームサーベル基部となる部分に取り付けます。

66039c2d.jpg


背部ウェポンラックは下部の凸部だけでなくGNビームサーベル基部下にある部分を
本体のGNドライヴ固定用の爪上にある隙間にひっかける形で固定する構造になっています。
75db0fac.jpg



以下可動について。基本的にはこれまでのエクシアと同様なのである程度割愛してご説明します。
可動に関する詳細はトランザムVer.の方で。
先に全体的な特徴を述べると、追加ユニットの影響で可動範囲は少し狭まっています。

9b927715.jpg


肩の追加ユニットは基部がボールジョイントで可動する他、ブースターの展開が可能。
5bba9065.jpg


2c271da0.jpg


前腕部の追加ユニットは取り外し可能。
DSCN8382.jpg

肘パーツは通常のエクシア用のものに交換できます。
b18d9cf3.jpg

小さいので紛失には注意。

腰部。前後への可動は少し窮屈。
e730696e.jpg


fbf1e19e.jpg



腰はケーブルの影響もありあまり動かせません。
bff53b55.jpg


腰部フロントアーマー。
c6c7835f.jpg

これまでのエクシア同様引き出すことで脚の可動範囲を拡げられます。

隠し腕。
1d83fb15.jpg

白い部分を引き出すことで展開。

クロ―にはGNビームサーベルやGNブレイドをもたせられます。
fd49fdf8.jpg

残念なのはクロ―基部にロール可動が仕込まれていないため持った武器が横向きにならざるをえない点。


脚。
b3ea1e39.jpg


脛のブースターが可動。基部に2ヶ所の可動部があります。
214fd08c.jpg


34097501.jpg




背部ウェポンラック。
9caa8c30.jpg



アームはフレキシブルに可動。
0b460736.jpg





各装備を取り付けた状態の全身。
DSCN8405.jpg DSCN8407.jpg

DSCN8406.jpg DSCN8408.jpg


背部ウェポンホルダー(左)。
06f9d291.jpg

GNロング・ショートブレイドを装備可能。柄の部分を差し込んで固定します。

ロングブレイド用の方はロール可動します。
DSCN8410.jpg

6e582862.jpg


ウェポンラックのアームを前方に動かすことも可能。
5b77c940.jpg

これにより写真のようにGNブレイドを抜刀するようなポージングが可能。


GNソード。
63f3fcd6.jpg

前腕部アヴァランチユニットの影響で下部の青いパーツが少し傾いてしまいます。
こればかりはこれまでの立体物でも同様で構造上仕方ないところですが・・・。

前腕部と接続するジョイントパーツも少し斜めにして取り付けます。
9933b4d2.jpg


刀身を展開した状態。
DSCN8416.jpg

手で保持せずに装備することも可能。
34c6b171.jpg


背部ウェポンラックに装備した状態。
DSCN8418.jpg
ジョイントパーツを逆向きにしてラックの凹部に接続します。


アームを前方に動かすことでラックに取り付けたままGNソードを構えられます。
3d5a7e1a.jpg




GNビームサーベル。
f77e75a4.jpg



肩に装備されている方は抜く際に基部も一緒に抜いてしまうことがありました。
f3bfb15b.jpg

取り外しの際は基部を紛失しないよう気をつけた方がいいかと思います。


刃パーツは長短それぞれ2本付属。
11bf3d4c.jpg

ウェポンプラスパック版ではさらに長いものが2本追加で付属します。

ちなみに今回のサーベル刃パーツはこれまでのものと比べピンクの色合いは濃くなっていました。
af9122ae.jpg



以下はウェポンプラスパック版のみの付属品。

GNシールド。
c206eebe.jpg

ウェポンプラスパック版のみに付属するシールド。シールド自体は通常のエクシアと同じですが
ジョイントは専用のものになっています。

シールドに不具合があり現在修理センターに返送したので現状は説明書の記載で・・・。
この点については後日戻ってきたら追記したいと思います。

【2015 1/10 追記】
アヴァランチユニットの上からシールドを装備。
DSCN8552.jpg
ジョイントパーツ(長)を使います。肩のアヴァランチユニットが干渉するのがネック・・・。

アヴァランチユニットを外して装備。
DSCN8553.jpg


アヴァランチ用腰部ラッチ。
78bbc5da.jpg


DSCN8422.jpg

DSCN8423.jpg


既存のエクシアのもの(右)と比較。
edd2faa5.jpg

リアアーマーの追加部分との干渉を避けるためか少し幅が長くなっていました。

試しに通常のエクシアのラッチを取り付けたところGNブレイドがリアアーマーに干渉してしまいました。
DSCN8466.jpg

アヴァランチ用ラッチを用いると少し隙間ができます。
DSCN8467.jpg

逆にアヴァランチ用ラッチを通常のエクシアに取り付けてみたところ腰との隙間がほんの少しですが
広がるため若干開脚がしやすくなりました。
73d4cad7.jpg




肩・前腕部のアヴァランチユニットを接続して高速巡航形態に。
DSCN8435.jpg

肩のユニット内部に凸部がありこれを爪でひっかけて取り出し前腕部の凹部と接続します。
55e8ebf3.jpg



各アヴァランチユニットは取り外し可能。
DSCN8442.jpg DSCN8444.jpg
ただし肩は追加装甲と一体化しており腿側面のGNコンデンサー部分も交換用のカバーはないため
通常のエクシアも再現可能という訳ではありませんので注意。
魂ウェブ商店の商品ページにも記載されています。


スタンド。
DSCN8438.jpg
台座の印字以外は既存のものと同じ。


ウェポンプラスパックの全装備を取り付けた状態。
DSCN8447.jpg

DSCN8448.jpg

DSCN8449.jpg
背部ウェポンホルダーは通常版の左用に加え右用のものが追加されています。


背部ウェポンラックのGNロングブレイドを左右に少し傾けることで表情付けが可能。
DSCN8450.jpg
なんとも刺々しいシルエットに。

既存のエクシアのGNブレイドもラッチに取り付けた状態。
DSCN8453.jpg
GNソード、GNビームサーベル(ダガー)×4,GNショート・ロングブレイドそれぞれ×3で11本の剣。

DSCN8454.jpg
更に刺々しく。



既存のエクシアの装備を用いて色々。

GNソードを2つ装備。
23324b92.jpg

両方背部に取り付けようとすると片方は刀身が逆向きになってしまいます・・・。

リペアⅢの装備を追加。
530b7fd3.jpg

GNロングライフルはさすがにアヴァランチユニットを取り外さないと取り付けられませんでした。


GN粒子貯蔵タンク自体は装備可能ですが、ウェポンラックは青い部分に干渉してしまい無理でした。
b3c39c2a.jpg


開放状態のGNドライヴは干渉せず装備できます。
e3d4ae55.jpg



通常のエクシアと比較。
2e538760.jpg



・ポージング等

013c4589.jpg


b8c1ddd4.jpg


f9370dd9.jpg


90c1e6fd.jpg


「俺とモレノがガンダムで飛ぶ!」
df17add7.jpg


DSCN8434.jpg

f1cf3059.jpg


4558f090.jpg


7690ca1e.jpg


f8a91f83.jpg


6d9d46a9.jpg


00dd1412.jpg



メタルビルドシリーズのエクシア大集合で〆!
caca6fa8.jpg



MBエクシアバリエーション第4弾のアヴァランチエクシア。
これまでと違って各部に装甲が追加されているので若干可動範囲は狭まっている部分があるものの
背部のウェポンラックや腰部フロントアーマーの隠し腕などこれまでなかったギミックが満載なのが
動かしていてとても楽しいです。

ただ前腕部のアヴァランチユニット等外れやすい部分がチラホラある点が少し気になりました。
(シールドの不具合に関しては運が悪かったとしか言えませんが・・・)

2月にはアヴァランチエクシアダッシュ用追加パーツも発送されますがそちらも楽しみ。

20141228 リボルミニ ブラックホール レビュー

リボルミニ ブラックホールのご紹介。

パッケージ。
DSCN8271.jpg

DSCN8272.jpg

内容。
f3b06b43.jpg

本体、手首パーツ、スタンド(台座、支柱)、補助アーム、蹴り技用アタッチメント、コーナーポスト、
セパレートシャドウ、赤き死のマント。


本体には色移りや癒着防止用のビニールが関節部に挟まれています。
これがfigmaのものと違って妙に取り除きにくいのがちょっと難点・・・。

各関節部を外さないようにとの注意書きがありビニールは引っ張って取り除くしかありません。
(注意書きにその点も明記されていました)

特にブーツに挟まっているビニールが取り除きにくく少しだけ残ってしまいました・・・。
お湯につけるなどして関節部を緩くして取り除いたほうがいいのかも。



全身。
DSCN8279.jpg

DSCN8280.jpg

DSCN8281.jpg

バストアップ。
3d7c30c7.jpg

光沢のある塗装。
胸の「BH」や頭頂部の模様など綺麗に塗られていると思います。


・可動について

頭部。
b4f0e900.jpg

ここまで顎を引かせられます。後ろへはあまり動かせません。

左右は問題なし。
c6e0fb39.jpg


腕部。
6956866d.jpg

肩と上腕部は別パーツ。よく動きます。
難点を挙げるとすれば肘の関節が若干目立つところでしょうか。

腹部。
b7558af9.jpg

前方へ反らせることが可能。こちらも首同様に後ろへはあまり動かせず。

脚部。
DSCN8289.jpg
こちらも動かしやすいです。

膝立ちも余裕。
ffec3eb1.jpg


足首の可動により接地性も良好。
91e033db.jpg


・付属物

セパレートシャドウ
7ea30afc.jpg


首は左右に動かせます。前後へは動かせないみたいです。
8bf8a018.jpg


手首パーツ。
40ebf9e5.jpg



赤き死のマント。
976e3ab8.jpg


ef089e5f.jpg


右手首と背中のダボで固定します。
07f49ed7.jpg


DSCN8312.jpg

手首の方だけでも保持可能なので背中の方はスタンドに使ってもいいかもしれません。
23c88a9f.jpg



スタンド。
DSCN8293.jpg
先端に補助アームを接続します。
DSCN8290.jpg


蹴り技用アタッチメント。
f3e2d126.jpg


コーナーポスト。
DSCN8294.jpg



通常のリボルテックキン肉マン・figmaと大きさ比較。
131a5ea1.jpg

figmaとくらべても少し小さい感じ。

Gマッスル悪魔将軍と。
ce38dc10.jpg



・ポージング

b4257320.jpg


3b71ce10.jpg


d6eb6745.jpg


DSCN8330.jpg


c60de70f.jpg


「さすがブラックホール。JCS(ジャンプコミックスセレクション)キン肉マンのコミックスを1巻から6巻まで
持っているだけのことは・・・ゲェーーッ!!奴が読んでいるのはキン肉マンじゃねぇ!!」
0a114c79.jpg


DSCN8317.jpg

DSCN8318.jpg

セパレートシャドウを利用して痴漢・・・。
DSCN8320.jpg


DSCN8325.jpg



以下7人の悪魔超人編冒頭~スグル戦より。


bc5914cc.jpg


DSCN8366.jpg

「こいつはキン肉マンじゃねぇ!とんだ食わせ者だぜ!」
DSCN8300.jpg

6d5c008d.jpg

マントを纏わせたいと思いfigma等のパーツで代用できないかと色々試しましたが自分が持っているものでは
ちょうどいいものがありませんでした・・・。


「私は陰惨なデスマッチは好まん。」
ffc881dc.jpg




以下人タッグ編より。
扉絵からアスキーアートでも有名?な四次元殺法コンビのツーショット。
3ebd649c.jpg


DSCN8358.jpg

「カカカーッ!そんなことしても無理だ無理だ!」
DSCN8362.jpg

6ae3ad02.jpg


fcc94233.jpg

アシュラマンにはこんなこと言われてしまってますが、ニューマシンガンズやモーストデンジャラスコンビには
勝てそうな気が・・・。




以下ダルメシマン戦より。

「悪魔をなめるな!」
DSCN8304.jpg

DSCN8305.jpg


DSCN8323.jpg

28c35462.jpg


「至高の(エクストリーム)ブラックホール!」
7de9d9c3.jpg


fa580322.jpg


「ご苦労だったなダルメシマン!」
DSCN8331.jpg

1fa8f925.jpg


「赤き死のマントーッ!!」
DSCN8314.jpg


以下ジャック・チー戦以降から。

「・・・・」
DSCN8301.jpg

DSCN8303.jpg

1c72964c.jpg


3e01ac62.jpg


はじめて購入したリボルミニシリーズ。
可動範囲は過不足なく塗装・質感も良好でした。

ブラックホールの可動フィギュアは以前ミクロマンシリーズで手にとったことがありましたが
可動範囲は当時のものとしては良い方だったと思いますが何分小さく更に素材が脆いのか
すぐに破損してしまいました・・・。

あれと比べるのも少し酷ですがやはり技術の進歩を感じます。
何より赤き死のマントをはじめ現行シリーズでの技等もフォローされているのが嬉しいポイント。

相棒のペンタゴンは海洋堂オンラインショップ等での限定販売ですがぜひとも揃えて
四次元殺法コンビを結成させたいところです。




20141227 色々

・艦これ

ニ航戦の5-2出撃任務をクリア。
3993ebfd.jpg


編成。軽空母を入れてルート固定しました。
62e7fc61.jpg

駆逐艦二人には秋月が装備している高角砲+高射装置をそれぞれ対空電探と共に
装備させて対空カットイン要員に。


万全を期すために道中・決戦ともに支援も投入。
a9e285d2.jpg


b67386e5.jpg


道中支援援は毎回来てくれたおかげで被害も少なめでボスまで辿り着き、ボス戦は夜戦までもつれたものの
なんとかS勝利達成。

その後発生する機種転換任務もクリア。
deb30e15.jpg

機種転換する装備のロックを解除しておく必要があったり廃棄後に該当の装備を外してしまうと
達成にならなかったりと色々な注意点があるとのことでしたので攻略wikiを見ながら恐る恐る操作してました・・・。



本日5-3を初クリア。
80fbd6aa.jpg

川内改ニや霧島改ニが持ってくる夜戦装備を活用して臨みました。
道中はほとんど被弾せずすんなりとボス戦へ。更にT字有利をひくことができかなり幸運に恵まれました。
こちらも夜戦までもつれましたが何とか旗艦撃破で1回目のゲージ削りに成功。

編成。
15570e4c.jpg

昨日のアップデートで改ニが実装された足柄ですが、5-3の攻略が完了する頃には改造できているかと・・・。




・近況


就職活動の方は以前の就職相談で話題にあがったスーパーにアルバイトの応募をしました。
来月14日に面接する予定。

一昨日3回目の就職相談では今回の合否に関わらずこの就職活動の第一歩を足がかりにして行って欲しい
とのアドバイスを頂きました。

ただやはり不採用となるとそれはそれで抑うつの要因になるんじゃないかと思います・・・。

ちなみに現在上記のこととは無関係ですが症状が悪化しています。
その影響で各種フィギュアのレビューはすぐにはできないかもしれません・・・。

20141225(2) 購入物

色々届きました。

リボルミニ ペンタゴン。
DSCN8337.jpg
一部店舗限定での発売となったペンタゴン。海洋堂オンラインショップで注文しました。

基本的な構造はブラックホールと同じ。
DSCN8347.jpg
手持ちの羽根は手首パーツと一体化しています。
こちらもブラックホール同様良い出来。

コミックスの表紙を再現。
DSCN8341.jpg
後日レビュー予定。
ブラックホールは作成中ですのでしばしお待ちを・・・。

ちなみに羽根パーツは背中のダボに接続する形になっているのでfigma等他のフィギュアにも接続可能。
DSCN8348.jpg
まさにスグルが超人オリンピックザ・ビッグファイトのウルフマン戦前にド派手に登場しようとしていた時に
言っていた「ペンタゴンの羽根の廃品利用」・・・。廃品じゃありませんが。


METAL BUILD ガンダムアヴァランチエクシア(ウェポンプラスパック)。
DSCN8342.jpg
エクシアのバリエーション機体もメタルビルド化。その武装追加版がついに届きました。
しかし高額商品のメタルビルドでもエクシアのバリエーションを次々出してくるとは・・・。
さすがにアストレア系はないと思いますが。

出来はもはや説明不要の素晴らしさ。
0720c590.jpg


40411651.jpg

少し難点があるとすれば背部のウェポンラックの接続がやや甘いところでしょうか。

あと出来とは関係ありませんがプラスパックで付いてくるシールドがジョイントに嵌まりませんでした。
既存のエクシアのシールドでは嵌ったので見比べてみたらシールドの凹側内部のパーツが不足しているようでした。

早速問い合わせて明日シールドとジョイントパーツを返品することになりました。


レビューは四次元殺法コンビの後に。
シールド等が戻ってくるのは年明けになるとのことなのでそこについては年が明けてから
追記という形になりそうですが・・・。

0bfc1863.jpg

既存のエクシアのGNブレイドと合わせてGNブレイド6本装備。これがやりたかった!
GNソード、ビームサーベルと合計すれば11本の剣!

20141225 模型誌

ホビージャパン2月号を購入。
DSCN8333.jpg

個人的に気になった情報についてご紹介。

■ガンプラ

(1)Gレコ関連

既に発表されているクリム専用ジャハナムやマスク専用エルフ・ブルック・マックナイフ、ジャイオーンに加え
新たにG-ルシファーが公開されました。
また先週の放送から登場したドレット軍のモビルスーツも多数設定画が公開。

G-ルシファーは新たなG系モビルスーツとのことですが一緒に公開されているデザイン画稿をみても
どちらかというとモノアイ系のような頭部でかなり異形な出で立ち。
頭部のギミックでガンダム顔になるのかもしれませんが・・・。

キットは3月発売予定とのことで今回掲載されたものは未彩色の試作品でしたが
劇中での活躍も含め今後が楽しみ。


今のところエルフ、ジャイオーン、ルシファーは買いたいと思っています。

(2)BFT系

主役機3体がパワーアップした状態が初公開。
トライバーニングはぱっと見でこれといった特徴の変更点がないのがある意味新鮮ですが・・・。
他2体ライトニングガンダムフルバーニアン、スターウイニングガンダムは真っ当?に
強そうな感じのシルエットになりました。

フルバーニアンは先の機体同様キットはバックパックの別売り形式のようです。

スターウイニングガンダムは同じ「スター」を冠したスタービルドストライクガンダム同様
クリアパーツが多様されていますが、誌面でも指摘されているように関係性が気になるところ。

3体ともキットは2月発売予定とのこと。

(3)その他

RGダブルオーライザーの開発用画稿が公開。
まだ発売時期等は未定とのこと。

HGやガンプラ以外のアイテム同様トランザムライザーやセブンソード等々バリエ展開するのが
容易に想像できてしまいます・・・。


■フィギュア

(1)ロボ魂

ネロ・トレーナーが本日より受注開始
特徴的なバインダーはフレキシブルに可動するようです。
また通常のネロの肩パーツも付属するとのこと。


一般販売のアイテムとしては5月のG-セルフが公開。
内容はごくごく普通なので今のところスルー予定・・・。



■ドール

アゾンより1/3ハイブリッドアクティブフィギュアシリーズでソードアートオンラインより結城明日奈が登場
作品は原作もアニメも観ていませんが、少なくともアニメの絵にはイマイチ似ていないような・・・。


またホビージャパン誌上の企画「七つの大罪」もドール化企画が進行中とのこと。
現状シギィでのみしか使われていないAZO2Iバストが出て欲しいです・・・。



livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※上記のアクセスカウンターの累計数は旧ブログでの数を引き継いで表示しています。
ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋
  • ライブドアブログ