S.H.Figuarts ネプチューンマンのご紹介。

パッケージ。
DSCN9736

DSCN9737

内容。
DSCN9741
本体、交換用頭部パーツ、交換用手首パーツ、ウォーズマン用頭部パーツ、ウォーズマンマスク。


本体には色移り防止用のビニールが各関節部に貼り付けられています。
DSCN9743

DSCN9742


全身。
DSCN9755

DSCN9756

DSCN9757

バストアップ。
DSCN9758
キン肉マン達と比べて体格の大きい超人ということで非常にマッシヴなスタイル。
特徴的なチョッキもしっかり再現されています。


以下可動域について。

頭部。
DSCN9780
首はやや埋もれているような印象。長髪もあってあまり後ろへは反らせられません。

DSCN9781

腕。
DSCN9782
肩が引き出し可能。肘も二重関節になっており前腕部基部はロール可動とかなり動かせます。
ちなみにチョッキは硬質パーツなので多少の干渉はしてしまいます。

腹部。
DSCN9784
前屈みはこれくらいまで可能。

後ろへは前方以上に大きく反らせられます。
DSCN9783

脚。
DSCN9786
股関節に引き出し機構。膝は二重関節。接地性は良好。


交換用頭部パーツ。デフォルトでは叫び顔が付いています。
DSCN9745

通常顔。
DSCN9746

汗顔。
DSCN9747
いかにも「う・・・うらぎられた!」な表情・・・。

交換用手首パーツ。
DSCN9773
掴み用の手首に加えネプチューンマンといえばお馴染みの「ナンバーワーン!」の手首も。

ウォーズマン頭部パーツ。
DSCN9774
マスクの外れたウォーズマンの頭部。
当然ですが別売りのSHFウォーズマンが必要です。自分は持っていません・・・。


超像可動版(アニメ版カラー)の頭部と比較。
DSCN9775

ウォーズマンのマスク。
DSCN9835
掴み用手首で持たせられます。

ロビンと比較。
DSCN9796
意外にもほぼ同じ大きさ。筋肉の付き具合でやはりネプチューンマンの方が
ボリューム感がありますが。


以下原作再現も交えたポージング。

DSCN9834

DSCN9785

喧嘩(クォーラル)ボンバー。
DSCN9837
可動させることからして難しそうですが是非相方のビッグ・ザ・武道もSHF化して欲しいところ・・・。

「完璧超人の首領(ドン)は我々ヘル・ミッショネルズだ!!」
DSCN9776

「ナンバーワーン!!!」
DSCN9778


「ネプチューン・スライディング!!」
DSCN9752
VS超人師弟コンビの冒頭。


「急降下ーーっ! ダブルレッグスープレックス!!」
DSCN9754


「どれ 私のコレクションが一つ増えるわ」
DSCN9753
ダブルレッグスープレックスで外れたウォーズマンのマスクを拾うシーン。

あーーっと!ネプチューンマン、一撃必殺の喧嘩(クォーラル)スペシャルの体勢だーっ!
DSCN9836
ちょっと技を保持させるのが難しい・・・。

「マスク狩り予告その1!」
DSCN9779
キン肉マングレートへのマスク狩り予告。

「ネプチューン・キングになんと詫びをすればいいのだーーーーっ!!!」
DSCN9751
キン肉マンのマスク狩りが失敗して錯乱するシーン。


王位争奪編ラストバトルでのキン肉マンチーム最後の3人が揃いました!
スグルはリボルテックですが・・・)
DSCN9797


「ゲーーーッ!!なんという卑劣な!!」
DSCN9795
広い可動域のおかげでフェニックスに緊縛されるシーンまで再現可能・・・。


いよいよ発売された大型の超人一人目のネプチューンマン。
大きめの体格ながら可動域は同時発売のロビンに劣らない良い出来でした。

【20150616更新】
超人師弟コンビVSヘル・ミッショネルズの再現を別記事で掲載しました。