METAL BUILD ガンダムアストレイブルーフレーム(フル・ウェポン装備)のご紹介。

パッケージ。
 IMG_0941IMG_0942
内容。
IMG_0948
本体、バックパック、アンテナ、ビームサーベル(柄)、
専用台座、支柱、ディスプレイ用スタンドパーツ(2種)、

IMG_0947
ビームライフル、ビームサーベル(刃)、マガジン、無反動砲、脚装甲、
ウェポンラック、ウェポンコネクタ、対ビームシールド、3連装短距離誘導弾発射筒、
8連装短距離誘導弾発射筒、交換用手首パーツ。

通常装備の全身。
IMG_1038IMG_1040


バストアップ。
IMG_1008
シュッと引き締まった精悍な顔立ち。
天ミナ同様フレーム部分は電解メッキ、装甲はポリカーボネートで塗装されています。


頭部。
IMG_1006IMG_1007
2軸可動で上下はよく動きます。

腕部。
IMG_1009IMG_1010
肩は引き出し機構。上腕部ロール可動。

腹部。腰部。
IMG_1014IMG_1016
どちらもそれほど動きません。

脚部。
IMG_1017IMG_1018
膝の可動に連動して装甲がスライドします。

可動域はこのくらい。
IMG_1019

開脚はイマイチ。
IMG_1020

バックパックは接続部のロックを外して下げることが可能。
IMG_1013
フル・ウェポン装備にするときはこの状態にします。

バックパックのビームサーベルは左右に可動。
IMG_1012IMG_1011

ビームライフル。
IMG_1029IMG_1030
フォアグリップが可動。

対ビームシールド。
IMG_1023IMG_1024
上部の覗き穴は開閉可能。

ジョイントは2軸可動+ボールジョイント。
IMG_1025

シールド側基部がスライドします。
IMG_1026IMG_1027

グリップを立たせて持たせることも可能。
IMG_1028




フル・ウェポン装備での全身。
IMG_0971IMG_0969

IMG_0970IMG_0972



バストアップ。
IMG_0965

無反動砲。
IMG_0981

グリップが可動。
IMG_0982IMG_0983

スコープも可動します。
IMG_0994IMG_0992


IMG_0984

マガジンは取り外し可能。
IMG_0991

ウェポンラックの基部はボールジョイントで可動。
IMG_0980IMG_0974

8連装短距離誘導弾発射筒。
IMG_0966IMG_0967
こちらも基部がボールジョイント+ロール可動。

ジョイントパーツを使って右側にも追加で装備可能。
IMG_0968

専用のグリップで手で持つこともできます。
IMG_0990

凹凸には向きがあるので注意。
IMG_0989

上記の無反動砲と8連装発射筒は2セットずつ付属するため色々な組み合わせで
装備が可能です。以下はフル装備した状態。
IMG_0995

ビームライフルは腰部後ろに収納。
IMG_0973

3連装短距離誘導弾発射筒。
 IMG_0985

脚に装甲を被せた上で発射筒を取り付けます。
IMG_0988IMG_0987

フル・ウェポン装備状態専用のジョイントパーツ。
IMG_0997IMG_0998
通常装備用のジョイントパーツは凹部が後ろでしたがこれは下になります。


・ポージング

IMG_1004

IMG_1005

IMG_1000

IMG_1001

IMG_1002

IMG_1003

IMG_0956

IMG_0959

IMG_0960

種ポーズ。
IMG_0957
 
エールストライクっぽく。
IMG_0958


IMG_0996

 
アストレイ系3機目のリリースとなったブルーフレーム。
ブルーというと立体化するのは殆どセカンド以降の形態ですが、MBでは
あまり立体化する機会のないフルウェポンで登場しました。

バズーカと8連装ミサイルが追加で付属しオリジナルの装備を楽しめるのは嬉しいところ。
造形・塗装共いつも通りの高クオリティでしたが、アンテナがとても外れやすいことだけは
不満点でした。