スマートドール 城ヶ崎美嘉のご紹介。

※取り急ぎ撮影した写真をもとに記事を作りましたが後日文章・写真を追記する予定です。
【20190602】画像と文章を追記・修正しました。

内容。
右は本体のみを開封して撮影したものです。下着は最初から着用されています。
膝が曲げられた状態で梱包されています。
P_20190601_104511P_20190601_104647
全体。
P_20190601_113745P_20190601_113702

顔・胸元をアップで。
P_20190601_112142P_20190601_112156
ウィッグはワックス等を使わなくても十分に整った状態になっています。
サイドテール?の盛った部分はデフォルトだとやや似ていないかもしれませんが
手で少しほぐすなどすると程よくボリューム感を出せるかと思います。
ドールアイを用いたヘッドは吊目気味の表情をよく再現しています。


・可動域等

基本的にはドルフィードリームと近い構造ですがいくつか差異があります。
また今回からヘッド以外がコーデックス仕様(プラパーツ)となっているようです。
※今回が初のスマートドール購入なので既存の外皮パーツとの比較はできません。

肘は関節が引き出し式で二重可動。
P_20190601_114018

手首。
P_20190602_164003
上がスマートドール、下がオビツボディのもの。平手パーツは軟質素材。
関節部の軸がかなり細めなので取り扱いには注意したほうがよさそうです。

 膝は90°ほど。
P_20190601_114231

足首は横方向への可動もできる仕様なのである程度開脚しての自立が可能。
P_20190602_105807

前述の通り素体がほぼプラパーツ仕様になっておりパーツの継ぎ目や
パーティングライン(右の写真、太もも下部)が存在します。
P_20190602_173538P_20190602_173229


・付属品

頭部のリボンはヘアピンで固定する方式。
P_20190601_122255

ブラウスのボタンはボタンホールにボタンを引っ掛ける実物と同様の方式。
ボタンが非常に小さいので細心の注意が必要かと思います。
胸元のリボンはフック等がないので一度頭部を外して首にくぐらせる必要があります。
P_20190601_114424

腰に巻いているカーディガンは着用可能。
P_20190601_114807P_20190601_115033
こちらのボタンもブラウスと同じ仕様。

スカートは一般的なスナップボタン方式。
P_20190601_120007

靴は革製のためかデフォルトだと履かせにくいです。
P_20190601_111240
商品の発送通知メールと同時に靴の履かせ方に関する注意事項を記載した
メールも届きました。そこに書かれていた方法を試したもののかなりキツい状態。

スタンド。
P_20190601_115715P_20190601_115724
お尻のやや上にある凹部に差し込み金属製の伸縮可能な支柱と接地用スポンジを用いて
安定したディスプレイが可能。どうしても背面の見栄えが犠牲になってしまいますが。

上記のスポンジパーツはかすり傷やてかりの部分を擦るために用いるヤスリだそうです。


美嘉の場合カーディガンで覆いある程度フォローできます。
P_20190601_115825


・その他

あらかじめM胸パーツを買っていたので交換のついでに
内部フレームを見てみました。
P_20190601_120958P_20190601_121034
首部分がボールジョイントで数珠つなぎになっています。フレーム部分だけなら
右のように反らせられますが本商品のデフォルトの胸パーツはプラパーツなので
ほぼ反らせることはできません。
軟質の胸パーツを用いると上体を前後に反らせることが可能です。

M胸パーツを付けてデフォ衣装を着せた状態。ブラウスは問題なく着用できました。
P_20190601_122221

いろいろと着せ替え。
P_20190601_133203P_20190601_132818

P_20190602_105233P_20190602_112859
ビキニはアゾン星奈別注版付属のもの。体操着以外は50cmサイズ用のものですが
素体のAZO2ボディやvmf50そに子用オビツボディがどちらもグラマラスな造形で
標準サイズより太めな造形なのが幸いしてかギリギリ着せられました。
体操着は7年ほど前にDD用として購入したものでだいぶ古いため汚れています・・・。

最後はfigmaと一緒に。
P_20190601_113324

はじめてのスマートドール購入だったのでこれまで手にしてきたオビツ系やDDとの違いに
やや不安もありましたが、基本的にはDDと同じような感覚で扱えるので
心配はほぼ杞憂に終わりました。
ただ腹部周りの内部フレームや手首パーツの基部等他と比べてだいぶ細い部分もあるので
取り扱いには充分に注意したほうがよさそうです。

キャラクターもののドールとしても高い再現度で仕上がっており満足しています。