METAL BUILD ガンダムエクシアリペアⅣ(グラハムガンダム)のご紹介。

パッケージ。
P_20200716_102043P_20200716_102246

内容。
P_20200716_102453
本体、GNコンデンサー、リアアーマー、ディスプレイ用ジョイントパーツ(A・B)、
専用台座、支柱、GNタチ、GNベイオネット、GNバトルブレイド、GNバトルソード、
交換用手首パーツ、説明書。

全身。
P_20200716_121801P_20200716_121820

本体の可動は通常版のエクシア、GNシールド周りの可動やギミックはダブルオークアンタと
同様のためそちらのレビュー記事を見て頂ければと思います。





エクシア本体の四肢では唯一といっていい完全新規造形の左腕。
P_20200716_165845P_20200716_165919
最新技術の導入により左腕部のみのトランザムが可能となっているそうです。
外郭がむき出しになっているような独特の外観。
上腕部はロール可動しますが肘は一軸可動のため右腕よりやや可動域が狭め。
とはいえ不足を感じるほどではなく、むしろ手首周りは干渉する部分がなく
エクシア本来の手首に比べ動かしやすくなってます。

ちなみに右腕は肩アーマーがクアンタ、腕部はエクシアという構造になってます。
P_20200716_170019P_20200716_170038

・武装

新たなセブンソードを装備しているリペアⅣ。
P_20200716_170251
最初のエクシアはそのうち4本がビームサーベルでしたが今回はすべて実体剣。
全ての武器に共通していますが柄が尻すぼみの形になっているので
手首パーツに持たせやすくなっています。

GNタチ。
P_20200716_170138
本機の武装の中で最も大ぶりな剣。

柄が長めなので両手持ちが可能。
P_20200716_170610P_20200716_170646
振りかぶるようなポージングもできます。

背部のGNタチ取付部はGNコンデンサーを回転させることで角度を付けられます。
また上向きにも可動するため抜刀する瞬間のようなポージングが可能。
P_20200716_122629P_20200716_122703

P_20200716_122749P_20200716_122822


GNベイオネット。
P_20200716_170915
グリップと青いカバー部分の一部が可動。
ソードモードとガンモードの切替ができます。

リアアーマーのアームは幾重にも可動部が仕込まれているので自在に動かせます。
P_20200716_122947P_20200716_123142
ベイオネット取付部自体もロール可動しベイオネット側のジョイントの可動も
合わせて多彩なポージングを演出できます。

アームを可動させることで取り付けてあるベイオネットを握らせることが可能。
P_20200716_115127P_20200716_115127
両方とも可能です。

GNバトルソード。
P_20200716_171427
GNロングブレイドのような長剣。

GNバトルブレイド。
P_20200716_113531
GNショートブレイドを思わせる短剣型の武器。

台座。
P_20200716_125955
パッケージにもあるグラハムガンダムのサイン?がインパクト大・・・。

支柱と本体を繋ぐジョイントパーツはこれまでのものの中継部として
新たなジョイントが追加されました。
P_20200716_173321
ただジョイントパーツ同士を繋ぐ凹凸部の新パーツ側凹部が緩めでした。
これがないとディスプレイ不可というほどでもないので無理に使わなくてもよさそうです。

使った場合の股間まわり。
P_20200716_173425
ベイオネットを動かすスペースが大きくなります。

通常のエクシアの武装であるGNソードやリペアⅢのGNロングライフルを右腕に装備可能。
P_20200716_111031

P_20200716_110136
GNシールドを背部に逃がすことで干渉することなく装備できました。

腿側面のGNブレイド用ラッチは取り付け自体はできるもののリアアーマーと
干渉するためブレイドの装備はできませんでした。
P_20200716_110405

リペアⅡ・Ⅲ用のビームサーベル用ラッチは柄のパーツ込で装備可能。
P_20200716_111617

リアアーマーも既存のものを取付可能。
P_20200716_172328
エクシアのものを取り付ければラッチのGNブレイドも装備できます。

※アヴァランチエクシア関連の商品は売ってしまったので装着できるかの検証はできません。




GNシールドは基本的にクアンタのものと変わらずジョイント部も同じなので
GNソードビットをそのまま装備可能。
P_20200716_123530P_20200716_125427
本機の剣とソードビットを組み合わせて装備することも。

エクシア、クアンタと比較。
P_20200716_105525
クアンタのような片側に大きく偏重した武装に加え、こじんまりとした肩アーマーと
これまでのエクシア系列にはない改修を重ねた機体というイメージが大きく浮き出ています。

・ポージング

P_20200716_170741

P_20200716_112523

P_20200716_122350

P_20200716_112937

P_20200716_171109

P_20200716_115424

P_20200716_171739

P_20200716_171901

P_20200716_113812

P_20200716_114058

P_20200716_103933

P_20200716_104137

P_20200716_104309

P_20200716_104843

リアアーマーを旧エクシアのものにしてGNブレイド用ラッチを装着。
GNソード改も装備して10本の剣を装備。
P_20200716_172855
ベイオネットは装備できなくなりますが・・・。

GNシールドの装備をクアンタ仕様に。
P_20200716_124108

P_20200716_124904

1期前半OPのオマージュ。
 P_20200716_111956

00十周年記念イベントでの発表からはや2年。
ついにグラハムガンダムことエクシアリペアⅣが立体化。
まさかガンプラより先にメタルビルドで出るとは思いませんでした・・・。

従来のエクシアをベースにシールドや肩アーマーがクアンタから流用された構造なので
これらの商品を既に持っていると目新しい部分がほぼないのが残念かもしれません。

ただ前述のように既存の武装を取り付けられるという遊びもできますし
各武装が握りやすい構造でストレスなく遊べるという点はとても良かったです。

00系メタルビルドは次弾にデュナメスリペアⅢを予定しているような雰囲気。
最初のデュナメスも出して欲しいところですが・・・。