seriousness

日記や玩具のレビュー等書いています。

食玩

20170412 キラキラ☆プリキュアアラモード キューティーフィギュア レビュー

キラキラ☆プリキュアアラモード キューティーフィギュアのご紹介。

 キュアホイップ。
IMG_1080IMG_1082

IMG_1081IMG_1083
続きを読む

20160818 魔法つかいプリキュア! キューティーフィギュア レビュー

魔法つかいプリキュア! キューティーフィギュアのレビューです。

パッケージ。3種まとめて。
IMG_0273

各ラインナップの表面。
IMG_0274IMG_0275IMG_0276

側面はそれぞれの名乗り口上になってます。
IMG_0277

裏面は共通。
IMG_0278
 続きを読む

20141120(2) ASSAULT KINGDOM(アサルトキングダム) 7 レビュー

ASSAULT KINGDOM(アサルトキングダム) 第7弾のご紹介。

・ガンダム

パッケージ。
DSCN8068.jpg

DSCN8067.jpg

全身。
DSCN8091.jpg

DSCN8092.jpg

DSCN8094.jpg

DSCN8093.jpg

第1弾からリメイクされて登場のガンダム。ちょうど買い逃していたので嬉しい再録です。

バストアップ。
cf3b0073.jpg

写真だとわかりづらいかと思いますがツインアイは金色で塗装されています。

可動も相変わらず優秀。
445ab154.jpg

ただ足首の引き出す可動は無し。

足首付け根のカバー部分が少し歪んでいました。
951ae940.jpg

ジムも同様の歪みがありました。

今回のガンダムの魅力はなんといっても豊富な付属武器の数々。

ビーム・ライフル。
3e53119e.jpg


両端にそれぞれ凹凸部があります。
1904838c.jpg



ハイパー・バズーカ。
79db9d37.jpg


背負いものがないのもあって構えやすいです。
5a6e9212.jpg

ただ今に始まったことではありませんが砲口が開孔されていないのがやはり気になるところ。


ビーム・ジャベリン。
DSCN8099.jpg

ジャベリン先端と棒は別パーツ。
3240c1f0.jpg


棒の下部のみ持ち手に嵌る様長方形の形になっています。
9a89d890.jpg

両手持ちは残念ながらできません。

平手で添えればそれっぽくなりますが。
15cfbb4a.jpg



ガンダム・ハンマー。
DSCN8126.jpg


グリップ部は下部が別パーツになっておりこれを外してから持たせます。
61d98315.jpg


ハンマー使用シーンの再現にはfigma等のスタンドでクリップ状のパーツを使うとよさそうです。
83200d7a.jpg


・ガンキャノン

パッケージ。
DSCN8069.jpg

DSCN8070.jpg

全身。
DSCN8112.jpg

DSCN8113.jpg

DSCN8114.jpg

DSCN8115.jpg

バストアップ。
54c07956.jpg


cfc7610a.jpg


首は他のものより上にあげることができます。
6d576ee5.jpg

後述の砲撃ポーズを再現するためのものかと。

足首は若干引き出せます。
c19048ce.jpg


3177b9bf.jpg


キャノン砲は上下に可動。
47388fa3.jpg


ビーム・ライフル。
6e016ddf.jpg


平手はお馴染みの砲撃ポーズを再現するための造形になっています。
0bd0d77d.jpg



・ジム

パッケージ。


DSCN8065.jpg

全身。
DSCN8078.jpg

DSCN8079.jpg

DSCN8081.jpg

DSCN8080.jpg


バストアップ。
a3dea1d0.jpg

構造がシンプルだからか色分けも綺麗でした。

ビーム・スプレーガン。
0d028df2.jpg


シールド。
DSCN8084.jpg

他と違う特徴として腰部フロントアーマーが一体化している点が。
DSCN8085.jpg
腿を前に出すのが少しキツイかも。



・リック・ディアス

パッケージ。
DSCN8071.jpg

DSCN8072.jpg

全身。
DSCN8131.jpg

DSCN8132.jpg

DSCN8134.jpg

DSCN8133.jpg

バストアップ。
b8d2fdb3.jpg


頭部は左右に可動。
71e6c093.jpg

さすがに顎は引けません・・・。

その他は重厚なスタイルから想像できないほどかなりグリグリ動かせます。
d72bfbe5.jpg


足首は引き出せます。
5248804d.jpg


51f8e9f0.jpg


クレイ・バズーカ。
DSCN8138.jpg
基本的に小脇に抱えて構える形に。

右手首パーツはバズーカ保持用に角度のついたものが付属。
1ee050fd.jpg


ビーム・ピストル。
eaf3f78b.jpg


バックパックの収納部には保持用の凸部が。
DSCN8140.jpg
ピストル側の凹部に嵌め込みます。収納時のピストルは前後に少し動かせます。

バインダー裏には3mm凹部。
DSCN8141.jpg
ここに他の武器等を付けられます。

バックパックは取り外し可能。
DSCN8129.jpg
上記の仕様も含めて色々遊べます。詳しくは後述。


・スタンド

DSCN8111.jpg
今回は全種共通で同じ構成のスタンドが付属。

連結や組み換えが可能。
DSCN8128.jpg


4種の付属パーツを揃えるとボールが完成します。

ae2cae5f.jpg


f0cecc9a.jpg


ce66c046.jpg


10e102ed.jpg


各付属パーツの振り分けは
ガンダム:アーム
ガンキャノン:胴体背面
ジム:胴体前面
リック・ディアス:180mmキャノン砲

アームとキャノン砲が可動。
c19b93ec.jpg



・ポージング等

全体的に第2弾との組み合わせがいい感じに。
81fd5f81.jpg


48fcb189.jpg


af9d414e.jpg


コズンのザクを鹵獲したガンキャノン。
27c50c1c.jpg



第5弾のOガンダムと。
d754e64b.jpg


連邦量産機コンビ。
f077c25c.jpg


対決!
5b924ded.jpg


ジムといえばジャブローのあのシーン。
ea1373ea.jpg

シャアズゴックが出ていないので量産機で代用・・・。

8fe7542e.jpg

ガンタンクが欲しいところ。



ガンダムに付属する豊富な武器はfigmaやSHFで遊ぶのにも利用できます。
2cd26ecc.jpg

持ち手はビューティから。

aa21b51e.jpg


色々組み替えて遊ぶのが非常に楽しいです。


ジムからシールドを拝借してフル装備。
DSCN8106.jpg

リック・ディアスのバックパックを利用して強化(?)。
DSCN8086.jpg

大尉「・・・」
DSCN8087.jpg

カミーユ「ははっ!!ざまぁないぜ!!」
DSCN8088.jpg


今回のラインナップを全て用いて組み合わせたものがこちら。
DSCN8163.jpg

352d468c.jpg

右のボール背面は接続が凹部なのでビーム・ライフルの凸部に接続・・・。


ラインナップが増える度に組み合わせの遊びが増々広がるアサルトキングダムシリーズ。
当初はガンダム、ジムだけでいいかなと思っていましたが他2つも思った以上に遊べる良い出来でした。

特に今回は量産機の代名詞的存在ともいえるジムが登場したことで複数並べたり武装を付けて
オリジナルジムを作ったりと遊びの幅が大きそうです。





20140527 ASSAULT KINGDOM(アサルトキングダム) 5 レビュー

ASSAULT KINGDOM(アサルトキングダム) 第5弾のご紹介。

パッケージ。
DSCN5543.jpg

ザクは後日買えたので別個。
DSCN5550.jpg

パッケ裏の写真。
DSCN5544.jpg

DSCN5545.jpg
Oガンダムが大地に立ったり無理矢理エクシアリペアⅢのGNロングライフルっぽい武器を構成したりと
相変わらず悪ノリが・・・。

[17]ガンダムエクシアリペアⅡ

全身。
DSCN5577.jpg

DSCN5578.jpg

DSCN5580.jpg

DSCN5579.jpg

上半身アップ。
DSCN5581.jpg
塗り分けは丁寧に仕上がってます。頬やクラビカルアンテナと言った黄色部分はさすがに細かすぎるのか無し。
目立つ箇所だとGNドライヴやGNソード盾部分の白が塗られていません。

エクシアの立体物ではいつも可動の難点となる腿付け根のラッチ部分。
DSCN5585.jpg

腿と一体化しており若干の隙間があるので開脚に干渉しません。サーベルは抜けませんが・・・。
DSCN5586.jpg

付属物。
DSCN5584.jpg
GNソード、GNビームサーベル、GNビームダガー、握り手、平手。
GNソードは最初から本体に装着されています。

GNソードは勿論展開可能。
DSCN5582.jpg
保持力も問題なし。

GNビームサーベル。
DSCN5587.jpg
柄の形も再現されてます。

GNビームダガー。
DSCN5588.jpg
リペアⅡは使用していませんが何故か付属。

付属のスタンド。
DSCN5589.jpg
基部が可動します。今回は4種それぞれ異なるものが付属するようです。
全てを組み合わせるとサムソントレーラーになりますがそれは後述。


DSCN5591.jpg

DSCN5590.jpg

[18]Oガンダム(実戦配備型)

全身。
DSCN5599.jpg

DSCN5600.jpg

DSCN5602.jpg

DSCN5601.jpg

上半身アップ。
DSCN5603.jpg
こちらも塗り分けは綺麗。ツインアイ周辺なども丁寧な出来。

付属品。
DSCN5604.jpg
ビームガン、ガンダムシールド、ビームサーベル、握り手、平手。

ビームガンとガンダムシールド。
DSCN5606.jpg
ビームガンはモールドもしっかり造形されていてなかなかの出来。
シールドは白一色ですが陸戦型ガンダムの時のように黒くないだけマシかと・・・。

ビームサーベル。
DSCN5607.jpg

エクシアのものとは異なる造形。
DSCN5605.jpg
ビーム刃基部あたりは丸くなってます。持つ部分は手首パーツの形状の関係上四角ですが。

背部のビームサーベルは抜けませんが抜刀ポーズは一応可能。
DSCN5608.jpg

スタンド。
DSCN5628.jpg

DSCN5636.jpg

DSCN5635.jpg


[19]ジェガン

全身。
DSCN5551.jpg

DSCN5552.jpg

DSCN5554.jpg

DSCN5553.jpg

アップ。
DSCN5556.jpg
塗装はシンプルなものの丁寧に仕上がってます。成型色はザクと同じ色のためか割と濃い色。

付属品。
DSCN5555.jpg
ビーム・ライフル、ビームサーベル、シールド、握り手と平手。

スタンド。
DSCN5559.jpg

昔のガシャポンのジェガンと比較。
DSCN5592.jpg
色の濃淡が全く異なります。UCでは宇宙空間での描写ということもあってか今回のような暗い色でした。

DSCN5557.jpg

DSCN5558.jpg


[20]ザク

全身。
DSCN5560.jpg

DSCN5561.jpg

DSCN5563.jpg

DSCN5562.jpg

上半身アップ。
DSCN5564.jpg
モノアイ周りもしっかり塗り分けされてます。

付属品。かなり豊富。
DSCN5569.jpg
ザクマシンガン、ヒートホーク、マゼラトップ砲、握り手、平手、バズーカ用握り手、指揮官型頭部。
ちなみに開封時は指揮官型頭部が本体に付いています。

ザクマシンガンはフォアグリップがあり劇中同様に両手持ち可能。
DSCN5572.jpg
可動範囲的にちょっとキツイかも。

ヒートホーク。
DSCN5573.jpg

腰部サイドアーマーに取付可能。
DSCN5571.jpg

マゼラトップ砲は両手持ち可能。
DSCN5570.jpg

スタンド。
DSCN5576.jpg

第2弾のシャアザクと比較。
DSCN5565.jpg

基本的な構造は同じですがヒートホーク取付用の穴が追加されるなど微細な改良点があります。
DSCN5566.jpg
これについてはEX2弾の黒い三連星専用高機動型ザクセットで既にあったのかもしれませんが。

専用握り手を使ってシャアザク付属のバズーカも構えられます。
DSCN5568.jpg

フル装備。
DSCN5574.jpg


・サムソントレーラー

DSCN5629.jpg
台座部分を連結して牽引車、支柱部分と一部台座を連結して台車になります。

勿論MSを載せることも。
DSCN5630.jpg
ちなみに牽引車と台車の連結は緩め。

各所の凹部に支柱をつなげてディスプレイすることも可能です。
DSCN5631.jpg

・戦闘シーン再現
これまでのラインナップと組み合わせて様々なシーンを再現。

陸戦型ガンダムとの戦闘。
DSCN5575.jpg

ズゴックと。
DSCN5633.jpg

グフカスタムと並べるのも。
DSCN5632.jpg
やはりザクは第1弾のガンダムと並べたいところですが・・・。

買いそこねたのでOガンダムでなんちゃってファースト再現!
DSCN5609.jpg
ザクと一緒にOガンダムをラインナップするというのはなんとも心憎い計らい・・・。


「見せてもらおうか。連邦の新しい・・・連邦??」
DSCN5610.jpg

DSCN5611.jpg

ロンド・ベル隊集結!
DSCN5597.jpg

ユニコーンと。
DSCN5593.jpg
EXVSシリーズのアシスト攻撃を再現。

サザビー
DSCN5598.jpg

バンシィ・ノルンのやられ役にも。
DSCN5595.jpg

ザクとジェガンは量産機でしかもこれまでのラインナップと組み合わせられるということもありどこも品薄のようです。


最後は00TVシリーズのラストバトル再現!


「GNドライヴマッチングクリア。…いける!」
DSCN5612.jpg

「どこだ。どこにいる。刹那・F・セイエイ!」
DSCN5613.jpg

「太陽炉がない!?・・・ま、まさか…まさか!」
DSCN2735.jpg
※メタルビルド ダブルオーのものです。


「ガンダムエクシア、刹那・F・セイエイ」
DSCN5614.jpg

「未来を切り開く!!」
DSCN5615.jpg

「く、このぉ・・・人間風情がぁぁぁっ!!」
DSCN5616.jpg


刹那、この手紙をあなたが読むことがなくても…それでも貴方への思いを綴らせてください


DSCN5617.jpg

クルジスの少年兵として

DSCN5618.jpg

戦いを強要され

DSCN5619.jpg

戦場の中でしか生きることができなくなった貴方

DSCN5621.jpg

平和を求める気持ちは私も貴方も同じなのに…

DSCN5622.jpg

分かり合っているのに…

DSCN5623.jpg

どうして私と貴方の道は交わらないのでしょうか…

DSCN5624.jpg

貴方は武力を行使して世界から争いをなくそうとしている

DSCN5634.jpg

もしそれが実現できたとしても貴方の幸せはどこにあるのでしょうか…

DSCN5626.jpg

DSCN5627.jpg

罪を背負い傷ついてそれでも戦い続ける…
そんな貴方の生き方がどうしようもなく悲しく思えるのです

DSCN5637.jpg

自分の中にある幸せを他者と共有しその輪を拡げていくことが本当の平和に繋がると私は考えています。
だからどうか貴方も貴方の幸せを掴んでください

刹那、貴方に幸せが訪れることを私は祈っています…


00シリーズ初参戦の第5弾でしたが今回の目玉はどちらかと言うと2機の量産機でしょうか。
特にザクは単体でも付属品が豊富で遊びがいがあります。
ジェガンもUC・逆シャアとどちらのラインナップとも組み合わせられるのが魅力。

塗装も綺麗で可動範囲もこれまで同様広く是非手にとって遊んで頂きたいアイテムです。

20140508 FW GUNDAM STANDart:  Ex-Sガンダム レビュー

FW GUNDAM STANDart:  Ex-Sガンダムのご紹介。


パッケージ。


DSCN4454.jpg

内容。
DSCN4455.jpg
本体、テール・スタビライザー、ブースター・ユニット、プロペラント・タンク、
ビーム・スマートガン、胸カバーパーツ。

DSCN4456.jpg
差し替え用平手手首パーツ、差し替え用膝パーツ(通常)、差し替え用膝パーツ(インコム展開状態)、
台座ベース、素立ち用支柱、支柱(下)、支柱(上)、ビーム・スマートガン用支柱、
胸カバーパーツ用支柱、ブースター・ユニット用支柱、プロペラント・タンク用支柱。



台座や装備を差し替えることで3つの形態でディスプレイすることができます。
(台座の構造等については紹介を省いてしまいましたがご了承ください)


■換装形態

全身。
DSCN4549.jpg

DSCN4550.jpg

DSCN4551.jpg

SガンダムからEx-Sガンダムへの装備換装をイメージした形態。


上半身アップ。
DSCN4553.jpg
普段のSTANDartsシリーズは塗装が酷いみたいですが今回はプレバン限定アイテムだけあって
そこそこ綺麗に仕上がっていると思います。
ただよく見るとはみ出し等が所々にあるので良いとはいえないかも・・・。
多少のはみ出しはいいんですが自分のものはツインアイの片方がズレてるという致命的なミスが・・・(泣)。

造形自体は全体的にかなり良くできていると思います。


スタビライザーを支柱上部に、ブースター・ユニットとプロペラント・タンクは支柱の両端に接続。
DSCN4552.jpg


肩のウイングとブースター・ユニット側面のビーム・カノンが干渉しがち。
DSCN4554.jpg
背面のパーツはスタビライザー、ブースター・ユニット、ビーム・カノン全てがとても外れやすいので
干渉どころか少し触れるだけでもポロポロとれてしまいます・・・。
肩は固定されているため問題ありません。


スタビライザーは中央部とブースターを取り付ける部分が別パーツでこれも外れやすいという二重苦・・・。
ここは購入後すぐに接着してしまいましたがブースター基部も凹凸は四角形でロール可動等はできないので
接着しても構わないかと思います。



■素立ち形態

全身。
DSCN4989.jpg

DSCN4990.jpg

DSCN4991.jpg

普通の立ち姿。
ビーム・スマートガンは支柱にしか接続できず持たせることはできません。


こちらでもビーム・カノンが干渉します・・・。
DSCN4992.jpg
いっそのこと干渉しないように向きを調整して接着するのも手かもしれません。


膝・手首パーツは差し替え可能。
DSCN4994.jpg
膝もポロリが多々。
手首は大丈夫ですが肩と胴体を接続する箇所が外れやすいです。
後述のビーム・スマートガン形態時に腕を前へ動かす必要がある関係で接着するわけにもいかず・・・。



■ビーム・スマートガン形態

全身。
DSCN4995.jpg

DSCN4998.jpg

DSCN5001.jpg

DSCN4997.jpg

もはやお馴染みのビーム・スマートガンを横に携えたポーズ。

素立ち形態との違いは台座の構成とビーム・スマートガンの有無、手首・膝パーツの差し替え。
DSCN5002.jpg
膝は右側のみインコム展開状態のものにしてビーム・スマートガンを膝パーツで挟みこむようにします。
ポーズ自体はゲーム等で何度も見てましたがこの構図は知りませんでした・・・。



昨年夏に予約開始されて即予約したSTANDarts Ex-Sガンダム。
楽しみにしていただけにポロリ地獄とも言える構造はとても残念でした・・・。
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※上記のアクセスカウンターの累計数は旧ブログでの数を引き継いで表示しています。
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ