ロボット魂 バイアラン・カスタムのご紹介。
ガンダムUC ep4で大活躍したバイアラン・カスタムが満を持して商品化。
(本編の感想はこちら



パッケージ表。
ffa44994.jpg


パッケージ裏。
2a042dc7.jpg


内容。
1ec4c0e4.jpg

本体、プロペラントタンク、ビームサーベル刃パーツ2個、ディスプレイ用ジョイントパーツ、マーキングデカール

本体正面。
ed7ef6df.jpg


背面。
88b1a554.jpg


横から。
e956decd.jpg


以下は可動部位の詳細。赤丸部分が可動します。ちょっとわかりづらいですが・・・。

3ea74cab.jpg

特に可動部位が多いのが肩。脇のカバー部、ブースターノズル2つ、腕の軸など。
肘は緑のケーブルが可動を妨げているのかあまり動きません(45°くらい)。

腕の軸部分のアップ。
2615fb5a.jpg


7c1d480c.jpg

おしりの三角のノズルは上下に可動。プロペラントタンク下部は回転します。
かかとの爪は2本それぞれ独立して可動。

b24f989e.jpg

腕部。肘の紺色の部分は付け根箇所とケーブルが伸びてる箇所の2つが可動。
爪は向きを変えられます。

爪の向きを変えた状態。
1315e84b.jpg


頭部アップ。カメラがヘボいため接写ができないので拾いもので・・・。
1335599428277_convert_20120428173103.jpg
ツインアイに関してはモールドで再現されてます。

肩部スラスターの上部ユニットは取り外し可能。
c30329ad.jpg


プロペラントタンクのブースター。上下のカバーを開くことでノズルが連動してせり出します。
97becd36.jpg


ビームサーベル。
d7e2f7d6.jpg


ジョイントパーツを用いてディスプレイ。
パーツの穴がfigma用スタンドにも合うのでそれでもディスプレイ可能。
0bca0c33.jpg

ただ本体の重さのため魂STAGEやfigma台座を用いても支えきれない感があります。

マーキングデカール。
cc16103e.jpg

デカール貼るのは苦手なので後回し・・・。

大きさ比較。ユニコーンガンダム デストロイモード(フルアクションVer)と。
58f714b5.jpg

ユニコーンも割と大きい方ですがバイアランは更に一回り大きいです。

714e30e1.jpg

劇中ではゲルググを空中で切り落としたシーンが好き。

88746093.jpg

ジュアッグがダカールではなくトリントン基地襲撃に参加してたら有り得たかもしれない対決。
まぁバイアラン圧勝でしょうけど・・・。


主人公かと見間違うほどの活躍をした本機。Web限定にしておくには惜しい出来でした。