D-arts ミュウツーのご紹介です。

パッケージ。
15168985.jpg


裏面。
713fab80.jpg


内容。
843bfeaa.jpg

本体、エフェクトパーツ、エフェクトパーツ接続用手首、ミュウ(初回版限定)、台座、
支柱2本、クリップ基部、クリップ。

全身を3方向から。
IMGP4080_convert_20130401185127.jpg

IMGP4081_convert_20130401185206.jpg

IMGP4082_convert_20130401185321.jpg

実物はパッケージ写真よりも彩色が濃い感じ。個人的には違和感を感じるほどではないと思いますが。

頭部のアップ。
0c0a9484.jpg

ミュウツーらしい鋭い目つき。

9c6c0fd2.jpg


eed50c61.jpg


首の可動。
3651327f.jpg

後ろの管?は軟質素材なので可動を妨げません。

79244dc3.jpg


a3b029ab.jpg


腕部の可動。
c070de1a.jpg

肩の可動は胸部の干渉もあっていまひとつ。肘は二重構造。

指は付け根がボールジョイントで可動します。
c01a6e6f.jpg


腹部。
8309165e.jpg

胸部部分がボールジョイントで可動。腰部は左右へのロール可動。

脚部。
a26d1193.jpg

腿・膝ともにボールジョイント可動。膝は逆足型になっており内側に曲げることはできません。
爪先もロール可動します。

尻尾。
IMGP4098_convert_20130401201923.jpg
発売前の評判通り、どうしても継ぎ目が見た目を損なっている感が否めませんが、可動範囲はかなりのもの。

a945e1f3.jpg

接続は勿論ボールジョイント。ただ動かし過ぎたり接続部を頻繁に外したりすると緩くなってしまい、
保持が難しくなってしまうおそれがあるので要注意かと。

スタンド。
9ee34c20.jpg

支柱は2本付属、ミュウツーディスプレイ用のクリップが1種。クリップの仕様は魂STAGE等と同様。
支柱接続用の穴は4つ。

エフェクトパーツ。「ミュウツーの逆襲」で放っていた黒い光球の再現だと思います。
ゲーム本編でいえばシャドーボールにあたるのかも。
bab51bb9.jpg

専用の手首に取り付けます。

初回版限定付属のミュウ。
affd6787.jpg

可動部分はなく股間部にスタンド穴があるのみ。塗装は良い感じかと思います。

以下様々なポージング。
IMGP4108_convert_20130401203827.jpg
公式イラスト風。

b151010a.jpg


IMGP4107_convert_20130401203146.jpg

ミュウとの対峙。
a9d0dd77.jpg


d8621b15.jpg


13b7604d.jpg

ゲーム画面っぽく。

ポケプラサザンドラと。
4a899303.jpg


99e5eb22.jpg


6bea8288.jpg


恐らく初の本格的可動フィギュアとして登場した今回のミュウツー。
今後は今月発売のリザードンをはじめ、カメックス、フシギバナと初代赤緑でお馴染みの3匹が登場予定。

本品のアンケートでは商品化希望の選択肢として映画冒頭の鎧を装着したミュウツーの他、
ガブリアスやハッサム、メタグロス、果てはギャラドスやイワーク、ボスゴドラなんてのも・・・。
サトシやロケット団といったキャラクター系までも・・・!

アンケートが必ずしも反映されるとは限りませんが、否が応にも今後の展開に期待が高まります!