FW GUNDAM STANDart:  Ex-Sガンダムのご紹介。


パッケージ。


DSCN4454.jpg

内容。
DSCN4455.jpg
本体、テール・スタビライザー、ブースター・ユニット、プロペラント・タンク、
ビーム・スマートガン、胸カバーパーツ。

DSCN4456.jpg
差し替え用平手手首パーツ、差し替え用膝パーツ(通常)、差し替え用膝パーツ(インコム展開状態)、
台座ベース、素立ち用支柱、支柱(下)、支柱(上)、ビーム・スマートガン用支柱、
胸カバーパーツ用支柱、ブースター・ユニット用支柱、プロペラント・タンク用支柱。



台座や装備を差し替えることで3つの形態でディスプレイすることができます。
(台座の構造等については紹介を省いてしまいましたがご了承ください)


■換装形態

全身。
DSCN4549.jpg

DSCN4550.jpg

DSCN4551.jpg

SガンダムからEx-Sガンダムへの装備換装をイメージした形態。


上半身アップ。
DSCN4553.jpg
普段のSTANDartsシリーズは塗装が酷いみたいですが今回はプレバン限定アイテムだけあって
そこそこ綺麗に仕上がっていると思います。
ただよく見るとはみ出し等が所々にあるので良いとはいえないかも・・・。
多少のはみ出しはいいんですが自分のものはツインアイの片方がズレてるという致命的なミスが・・・(泣)。

造形自体は全体的にかなり良くできていると思います。


スタビライザーを支柱上部に、ブースター・ユニットとプロペラント・タンクは支柱の両端に接続。
DSCN4552.jpg


肩のウイングとブースター・ユニット側面のビーム・カノンが干渉しがち。
DSCN4554.jpg
背面のパーツはスタビライザー、ブースター・ユニット、ビーム・カノン全てがとても外れやすいので
干渉どころか少し触れるだけでもポロポロとれてしまいます・・・。
肩は固定されているため問題ありません。


スタビライザーは中央部とブースターを取り付ける部分が別パーツでこれも外れやすいという二重苦・・・。
ここは購入後すぐに接着してしまいましたがブースター基部も凹凸は四角形でロール可動等はできないので
接着しても構わないかと思います。



■素立ち形態

全身。
DSCN4989.jpg

DSCN4990.jpg

DSCN4991.jpg

普通の立ち姿。
ビーム・スマートガンは支柱にしか接続できず持たせることはできません。


こちらでもビーム・カノンが干渉します・・・。
DSCN4992.jpg
いっそのこと干渉しないように向きを調整して接着するのも手かもしれません。


膝・手首パーツは差し替え可能。
DSCN4994.jpg
膝もポロリが多々。
手首は大丈夫ですが肩と胴体を接続する箇所が外れやすいです。
後述のビーム・スマートガン形態時に腕を前へ動かす必要がある関係で接着するわけにもいかず・・・。



■ビーム・スマートガン形態

全身。
DSCN4995.jpg

DSCN4998.jpg

DSCN5001.jpg

DSCN4997.jpg

もはやお馴染みのビーム・スマートガンを横に携えたポーズ。

素立ち形態との違いは台座の構成とビーム・スマートガンの有無、手首・膝パーツの差し替え。
DSCN5002.jpg
膝は右側のみインコム展開状態のものにしてビーム・スマートガンを膝パーツで挟みこむようにします。
ポーズ自体はゲーム等で何度も見てましたがこの構図は知りませんでした・・・。



昨年夏に予約開始されて即予約したSTANDarts Ex-Sガンダム。
楽しみにしていただけにポロリ地獄とも言える構造はとても残念でした・・・。