S.H.Figuarts ザ・ニンジャのレビューです。

パッケージ。
DSCN1225DSCN1226

内容。
DSCN1227
本体、交換用頭部、交換用手首パーツ、マフラー、パイプ椅子。


全身。
DSCN1241DSCN1243

DSCN1244DSCN1242

バストアップ。
DSCN1245
シリーズ共通の仕様としてアニメ版準拠のカラー。
胸元や腕の鎖帷子は精巧に作られています。表情がややのっぺりしてるのが少し気になるかも。


・可動域について

頭部。左右へは自在に可動。前にはかなり動かせますが後ろはイマイチ。
IMG_0066IMG_0067

マフラーはボールジョイントで可動。
DSCN1246

取り外し可能です。
IMG_0054

腕部。肩はお馴染みの引き出し機構。
衣装に干渉する部分がないのでかなり前に引き出すことができクロスさせることも。
IMG_0028IMG_0029
肘はロール・二重可動。

腹部。前後ともかなり反らせることができます。
IMG_0030IMG_0031

ブリッジどころか手と足をくっつけるところまでできます。
IMG_0046

脚部。こちらもこれまで通り股関節の引き出し機構があります。
IMG_0032IMG_0033
膝、足首も可動。立ち膝も余裕。

開脚はご覧の通り。
IMG_0034


・付属品

表情パーツ。
IMG_0035

IMG_0036

IMG_0037

交換用手首パーツ。
IMG_0038
人差し指を立てた手首パーツは右のみ付属。

パイプ椅子。
IMG_0047
2個付属。構造はソルジャー付属のものと同様。


・ポージング

IMG_0041IMG_0040

IMG_0071IMG_0073


ニンジャが度々使うプロレス技のオクラホマスタンピートやブレーンバスターも可能。
IMG_0058

IMG_0060

「に、忍者ロボ超人だと!?」
IMG_0043

IMG_0057

IMG_0042
忍者(っぽい)フィギュアはこのスペルビアジンクス以外にもfigmaのニンジャスレイヤー等
色々出ているので様々な忍者対決ができそう。
今後出るコレクターズ事業部製でいえばAGP川内改二あたりも・・・。


SHFキン肉マンシリーズの血盟軍メンバーには必ず付属するパイプ椅子。
やはりこれは再現せねば・・・。
IMG_0048IMG_0049
まだ椅子の数が揃ってないので他可動フィギュアのものも使ってますが。
6月発売予定のアシュラマンはバッファローマン並の巨体に加え6本の腕もあるので
腕組みできるかはともかくしっかり座らせられるかちょっと心配・・・。


「人心露わの術!」
IMG_0050IMG_0051
新シリーズの読切でのワンシーン。

カラスマン戦直前の登場シーン。
 IMG_0065IMG_0078

「背転田楽刺しーっ!」
IMG_0055IMG_0056


商品のサンプル写真にもあった対カラスマン勝利の瞬間。
IMG_0061IMG_0062

 IMG_0063IMG_0064


SHFキン肉マンシリーズとしては初のプレバン商品となったニンジャ。
これまでリリースされたバッファローマンや悪魔将軍と比べると色々と地味な印象もありますが
それ故に非常に動かしやすく様々なポージングが可能。

同日に到着したキュアビートの方ばかり注目してましたが、いざ動かしてみたら
こちらも大満足の出来でした。

いよいよ超人血盟軍も来月発売のブロッケンJrと6月のアシュラマンを残すのみ。
特にブロッケンはニンジャの対戦相手でもあるだけに楽しみです。